2018年4月18日 0

キャバ嬢にオススメな昼職の転職先♡-営業職-

キャバ嬢にオススメな昼職の転職先♡-営業職-

キャバ嬢のための昼職転職サイト・昼ジョブ.com

昼ジョブ.comは元キャバ嬢に理解がある、積極採用している企業のみを紹介♡
事務系昼職・営業系昼職・美容系昼職・システムエンジニア系昼職など選び放題です!

昼職を知り尽くした昼ジョブエージェントが履歴書作成や面接練習も全力サポート。
ぜひ登録して簡単にキャバ嬢から昼職転職しちゃいましょう♡

キャバからの昼職転職なら昼ジョブ

キャバ嬢からの転職にオススメな昼職ってあるの?

夜職から営業職の昼職に転職

こんにちは〜!♡
今回はキャバ嬢なの夜職で働いている女の子にオススメな昼職を紹介して行きたいと思います!

「学歴も職歴もなく、キャバクラやガールズバーでしか働いてきてないから経験も知識も持ってない・・・」とお思いのあなた!
昼職転職は経験や知識がなくても可能です。
不安にならなくて大丈夫ですよ〜!

キャバ嬢から昼職への転職はできる!未経験から正社員になる方法とは

もし現在、キャバ嬢などの夜職をしていて、そろそろ昼職やろうかな〜とお考えの方いらっしゃいましたら、
良かったら参考にしてくださいね♩

コミュ力・営業力満載なキャバ嬢にオススメな営業の昼職♡

夜職から営業職の昼職に転職

「やおおありキャバ嬢はコミュ力高いね!」
これはキャバ嬢のみなさんは、1度は言われたことがあるのではないでしょうか?
皆さんが働いている、キャバクラやクラブでは指名をとってなんぼですよね。
昼職の世界ではありえないほど、いかにもな成果主義社会です。

キャバクラやクラブでは指名や売り上げを上げれば上げるほど、お給料が上がります。
そんな厳しい現場で頑張ってきた皆さんにオススメする昼職の職種はやはり営業職!

皆さんはキャバ嬢として働いている中で、
「どうすれば指名や売上が上がるかな?」
「どうやってお客さんにアピールしよう?」
「どうやったら他の子差別化できる?」と考え、模索しながら働いてきたはずです。

そもそもキャバクラは究極の接客業。
無愛想で可愛げがない子は絶対に売れないと思います。

キャバクラではヘルプやフリーで幾度となく初対面の方とお話しする場面を経験してきたと思います。
また、お客様から初指名をもらった後、来店がそれっきりではお話になりません。
定期的に何度も来店していただかないと売上は上がって行きませんね。
なので飽きられないようにする、また会いたいと思わせる会話術が大変重要です。

そして人の顔や名前を覚えることにも意識を持って取り組んできたかと思います。
試行錯誤していく中で、キャバ嬢の皆さんは確実にコミュニケーション能力が鍛えられていることは間違いないです!

そんなキャバ嬢として働かれている皆さんにオススメな昼職が、
この”営業職”ということなのです。

こちらの記事も読んでみてください☆
働く男子が推薦!「営業職に向いていると思う女子」の条件6つ
不動産営業で夜職から昼職転職を成功させた30歳エリナさん
水商売・夜職をしていた女の子が向いてる昼職、営業職ってどんな仕事?

また、営業の昼職は頭で考えることはもちろん大切なのですが、
どちらかといえば頭で考えすぎて凝り固まってしまうよりも
行動力があって、テキパキとフットワーク軽く動ける方が特に向いているようです☆

そんな営業の昼職で1番必要とされる能力・スキルは営業力とコミュニケーション能力。
キャバ嬢として働いて鍛えられているみなさんにはもってこいの昼職だということをわかっていただけましたか?♩

◆そもそも営業の昼職って・・・?|キャバ嬢から昼職に転職

夜職から営業職の昼職に転職

営業の昼職というのは、ざっくり言うと”売り上げを作る”と言う仕事内容。

会社は商品・技術・サービスを販売をして、利益を得ていますよね♡
営業はそれらの製品を多くの人に知ってもらい、購入してもらうこと。
企画営業は、さらにクライアントの課題を見つけ、解決するための戦略を考えて企画・提案をします。
どれだけいい品質の製品でも、営業力がなければ売れませんよね。

電話でアポイントをとり営業先に伺って提案資料を元に提案します。
ここであなたの夜職で培ったコミュニケーション能力や営業力が発揮できます!

プレゼンや見積もりを行なって、営業先が納得、了承してくれたら見事契約成立!

そしていよいよ自社の商品やサービスを納品します。
契約頂いた後も、お客様のフォローを。
納品した商品に何か不都合はなかったかという確認も行いますが、
継続して成約するために、更なるニーズを聞き出すことも重要です。
ここでその商品やサービスの使用感などの情報収拾を行えます。

これを怠るとお客様先との関係性が薄くなり、継続して受注することが難しくなります。
フォローを行って情報収集を行い、また提案へ繋げる…というのが営業の流れです♩

☆もっと詳しく知りたいあなたはこっちをチェック!
キャバ・風俗の女の子が向いてる職種!営業職とは♡

だいたいキャバ嬢として働く皆さんが想像する営業の昼職とギャップはなかったと思うのですが、いかがでしたでしょうか??

今までのキャバクラやクラブで売り込むのは”自分”でしたが、
営業の昼職に転職したら、売り込むのはその会社の商品やサービス。

ただこれだけのことなんです♩

昼職の営業はインセンティブ制度が魅力|キャバ嬢から昼職に転職

夜職から営業職の昼職に転職

また、営業の昼職はキャバクラと同じようにインセンティブ制度を設けているところが多いです!

◆インセンティブ制度とは?

会社側で決められた目標を達成した際に、通常の給与とは別に支払われる報奨金を指します。
営業職の昼職では、例えば契約をが何本取れたら、いくら売り上げたら、などですね。
昼職側も、社員にやる気を出して取り組んで欲しくて、このような制度をとりいれています。
夜職から昼職に就職しよう♡インセンティブ制度とは?

この制度を利用して、昼職に転職してもどんどんお給料やボーナスを爆上げして行きましょう!
インセンティブ制度があれば、入社初年度から平均年収以上をいきなりゲットできちゃうかも♡

こんなところも、キャバ嬢として夜職で頑張ってきたみなさんにぴったりではないかな、と思うのです!

正直私もキャバ嬢時代、ボーナス出すよ!時給が上げるよ!とならないと頑張れないタイプでしたので・・・(笑)
永久時給制だと、気がゆるゆるになってしまいます。
こんな昼職もあるんだ!ということだけでも覚えていてくださいね。

営業の昼職、いかがでしたでしょうか?|キャバ嬢から昼職に転職

今回は営業の昼職についてご紹介してみました!
みなさんいかがでしたか?
この記事を読んで、「営業の昼職か〜これなら仕事内容は今まで通りだし昼職できそうかもと思ってただけたらとっても嬉しいです!

実際にこちらのサイトでも、キャバ嬢へのおすすめ昼職に、営業職が挙げられています☆
キャバ嬢からの昼職☆おすすめな職種は?

皆さんのキャバクラやクラブ、ガールズバーで鍛えた営業力やコミュ力を昼職でも活かさないなんてもったいない!
ぜひキャバ嬢から営業の昼職に転職して、あなたの実力を試してみてくださいね。

ちなみに上記で紹介している昼ジョブでは掛け持ちOKな昼職求人も紹介しているので、昼職の給料でやっていけるか不安‥という方も安心です。

キャバ嬢が語る!昼職と水商売は掛け持ち(副業)できる?メリット&デメリット
キャバクラで働くメリット・デメリット! 昼職との両立は可能なの?

それでは、また他にも昼職の職種を紹介していくのでお楽しみにしていてくださいね。

【関連サイト】
一般の求人サイトからでも営業の昼職を探せます。
昼職の正社員/契約社員の求人情報|転職・就職ならバイトルNEXT
昼職 髪型自由のアルバイト・バイト求人情報

当サイト・「キャバクラの怖い話」の昼職への転職系記事まとめ

当ブログでキャバ嬢からの昼職への転職に関連する記事をまとめてみました!
ぜひ併せてご覧ください♪

キャバクラで働いてた子にオススメな昼職の転職先♡-WEB系-
キャバクラで働いてた子にオススメな昼職の転職先♡-事務職-

昼職でも歩合制(インセンティブ)ってあるの?|キャバクラから昼職へ転職
夜職(キャバクラ)辞めて晴れて昼職に転職!でも続かない・・・この理由って?
キャバ嬢から昼職嬢に転職するメリット3選を紹介します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
夜職辞める人向け

夜職辞めた昼職へ転職

水商売から昼職へ転職!履歴書の職歴欄はどう書けばいいの?

可 履歴書の中で職歴は重要な項目ではありますが、人事担当者や面接官は、そこだけを見ているわけではありま...

クラブホステス・水商売(キャバクラ嬢)から異業界(昼職)に転職・キ・・

お酒を飲む頻度も多く、夜遅くまで働き、昼夜逆転してしまいがちなため、年齢とともに体力も落ちてきて、このまま長くは続け ...

キャバ嬢から昼職は大変?実際の事例と準備すべき事、転職しやすい職業まとめ

キャバ嬢から昼職に転職して困った実際の事例を3つ紹介しています。また「昼職へ転職する為に準備すべき事3つ」と「キャバ嬢から転職しやすい職業」をまとめました

キャバ嬢から昼職に転職するコツ。水商売をやっていた事は隠すべき?

キャバ嬢を辞めて、昼の仕事…例えば事務職や販売員の仕事に転職する場合、普通の転職とは異なります。なぜなら、キャバ嬢などの水商売(夜の仕事)をしていた…という事がバレると...