2020年10月26日 0

昼職転職してキャバクラ出戻らないために♡〜生活リズム編〜

昼職転職してキャバクラ出戻らないために♡〜生活リズム編〜

こんにちは^^

キャバクラ などの夜職から昼職に転職したのに

出戻りしてしちゃった…。

キャバクラの出戻りのリスクに関しての記事はこちらです!

 

昼職転職後のキャバクラへ出戻りのリスクの話

 

今回はせっかく昼職に転職したのに

出戻りしてしてしまわないようにするには

金銭感覚だけではなく

生活リズムを直していくことが大切です。

今回は生活リズムを直すことに焦点を当てて紹介していきます^^

 

そもそも出戻りしたくなる理由って?

 

昼職転職してもキャバクラ にまた出戻りするケースが

めちゃくちゃ多いんです。

出戻りしてしまうキャバ嬢が多い理由はクソみたいな昼職にしか就職できないからって知ってた?

この記事にも書いてありました。

キャバ嬢だけでなく風俗嬢もなのですが、夜職を上がって昼職を始めても長く続かず、すぐに夜の世界に出戻りしてしまう女の子は多いです。

「いつまでも夜の仕事をしてる訳にはいかない!」と覚悟を持って辞めたはずなのに・・・。

わかっているけど、出戻りしてしまいたい気持ちも話わかります。

金銭的だけでなく、仕事が大変。

労働時間も長くで自由な時間が少ない上に、朝早く起きなきゃいけないし…。

生活リズムが違いすぎて仕事中眠いいし、集中できない。

そして夜は何故かねれないなんてことも。

そもそも夜職と昼職では正反対です。

 

キャバクラと昼職の生活リズムの違い

 

お店にもよりけりですが、キャバクラ で働く人の生活リズムと

昼職で働く人の生活リズムの比較をしていきたいと思います!

 

キャバクラで働いていた時の私の生活リズムはこんな感じでした。

 

13:00       起床

13:00〜16:00 営業・お礼の連絡

16:00〜17:00 化粧や支度

17:00       自宅を出る

18:00〜20:00 ヘアメイク・同伴

20:00〜0:00  お店営業 仕事

0:00〜3:00頃  アフター

4:00        帰宅

5:00        就寝

 

CLEAR JOB MAGAGINEのキャバクラ嬢の1日の過ごし方とスケジュール

というこの記事にもキャバ嬢の生活リズムが書かれています。

5年間の水商売経験がある僕がナイトワークのデメリットを話すよ

完全夜型!!!

なんなら16時とか、出勤ギリギリまで寝て、出勤してまた遅くまで寝て…

こんな繰り返しをしてる方も結構います。

日中は自宅にいるのでほぼ太陽を浴びません。笑

 

それに対して昼職の生活リズムは(一つの例ですが)

 

6:30        起床

〜8:00       身支度・朝食

8:00        自宅を出る

9:00        始業

9:00〜18:00  仕事

18:00       就業

19:00       帰宅

19:00〜23:00 夜食・入浴

23:00       就寝

 

こうやって比べてみると、キャバクラと昼職では

寝る時間と起きる時間なのが明らか正反対なのがわかりますよね。笑

これだけ生活リズムが違えば、キャバクラで夜型になった生活リズムを直すのは

簡単なことではありまん。

でも出戻りしないためには生活リズムを直していかなければなりません。

 

バリバリキャバ嬢してたら生活リズムもう治すの無理じゃない?

 

実際に現役時代にバリバリのキャバ嬢をやってた方でも

出戻りせず昼職の普通の生活リズムを送っている方もいます!

 

歌舞伎町の伝説のキャバクラ 嬢と言われた

愛沢えみりさんもその一人。

 

LIFEhackerの一晩で2800万円を売り上げた伝説のキャバ嬢に聞く「快眠のコツ」

では愛沢えみりさんのインタビューが載っていました。

当時(駆け出しの頃)のブログを見ると、『眠い~』ってたくさん書いてあります(笑)。太陽が昇るころに寝て夕方に起き、夜になるとキャバクラに出勤して明け方まで働くという毎日。なかなか眠れないので、ベッドの中で携帯をいじったり、ソファーでグダグダすることもよくありました。そのまま気づいたら昼!みたいな(笑)。時間的には今よりも寝ているはずなのに体調も最悪で、お店の中を歩くだけでも疲れてしまい、10メートルの移動でもタクシー呼びたい!と思うくらいでした。

元々は愛沢えみりさんも生活リズムがむちゃくちゃだったみたいですね。

 

そんな生活リズムも今は朝方になったみたいで、

愛沢えみりさんの直し方としては自分の生活リズムを決めて徹底するとありました。

仕事の成果と睡眠の関係については「自分の生活リズムを知ること」が大切

伝説のキャバ嬢がいうと説得力ありますよね!

 

そうは言って行動してはみるものの、

なかなか起きれないし、眠いし、寝る時間に目が冴えて寝れない!

 

ここからは生活リズムを正すために行うといいことを紹介していきますね^^

 

生活リズムを直すために

 

日光を浴びる

キャバ嬢と引きこもりは、同じ生活リズム

ではこう書かれています。

 

人間の体は、日光をあびると朝だと感じて覚醒し、

自然と目が覚めるものです。

日光も浴びていないと体のリズムを調整する脳の機能が

うまく働かなくなってしまうのです。

 

実際、キャバクラ で働いていた時に太陽に浴びる機会が少なくて

時間の感覚がわからなくなってくんですよね。

私も昼職初めてから、起きてカーテン全開にして

なるべく太陽に当たるようにしていたら

清々しい気分で朝を迎えられるようになりました。

出戻りをしないためにまずは太陽を浴びるところから初めてみませんか?

 

良質な睡眠を取る

睡眠時間はしっかり取っていても

睡眠の質が悪くては目覚めもずっと眠くて眠くて

仕事に集中できず、支障が出てしまいます。

仕事に支障が出てくると、だんだん昼職が嫌になってきて、

キャバクラ に出戻りしたいという気持ちに繋がるなんてことも。

 

生活リズムを整えるには睡眠が鍵となってきます。

 

姫リクブログでは睡眠の質を上げるため注意点が書かれていました。

 

  • 電気を消して寝る
  • 寝具の上で寝る
  • 携帯の画面を見ながら寝落ちしない
  • 朝が来たら太陽光が射し込むカーテンに替える
  • 寝る3時間前からカフェインは摂取しない

寝る前にスマホを見てしまって…

テレビ見てたらそのままソファーで寝てた…

ついついやりがちな事ですが、

こんなちょっとしたことでも改善の積み重ねで

睡眠の質が変わってくると思いますよ^^

 

快眠グッズ

 

【新年度向け】昼夜逆転生活の解消テクニック4選(ライターたかや篇)

では睡眠の質の上げ方が書かれていました!

 

『ホットアイマスク』は言わずもがな、目を温めることにより副交感神経の働きを促すので最高。自分は鼻づまりで眠れない日もあるので、鼻腔拡張テープ『ブリーズライト』により解消。最高。

リラックス・鎮静作用のあるハーブティーは就寝前に飲めば質の良い睡眠が期待できるので最高。
なかなか寝付けない!ってかたは快眠グッツに頼るのもアリ!

私もキャバクラ で働いていた時は使わなかったけど

昼職に転職したばかりの時は、疲れているのになかなか寝れなくて

アイマスクやアロマだったり、睡眠グッツに頼ったりもしました。w

アイマスクは自然と目を瞑るから

スマホをだらだら見なくて済みますし

いつの間にか眠っていました。w

 

こんなんで生活リズム変わるの?

って思うかもしれませんが、色々試しているうちに

私はすぐ眠れるようになっていました。

 

キャバクラ の夜色と昼職で生活リズムが違うしきつい!

って思っていても自分が直そうという意識と

小さな事でも行動をしていれば

いつの間にか生活リズムが整ってくると思いますよ^^

 

生活リズムをしっかり直して出戻りを防ぎましょう!

 

 

 

ff

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
キャバクラ嬢(夜職)から昼職転職の関連記事

キャバ(夜職)から昼職転職のおすすめサイト

キャバ嬢からの昼職転職の専門サイト☆昼Job.com

絶対に昼職転職したいなら昼Job.comにお任せ!

水商売から昼職へ転職!履歴書の経歴の書き方

キャバクラからの昼職転職で悩みがちな履歴書作成について掲載しています!

キャバ経験が強みになる失敗しない昼職転職方法

転職エージェントを使えばカンタンに昼職転職出来る♪そのサービス内容とは?

夜職から昼職への転職ってどんな職種がある?

キャバなどの夜職から昼職に転職したいけどどんな職種に就ける?職種ごとのメリットは?などを紹介しています。

元キャバ嬢が8000万円昼職・営業ウーマンに。

昼職転職(営業職)して8000万円もの売上を売上を叩き出した元キャバ嬢のお話。元キャバ嬢でも昼職で成功可能..!