2018年3月8日 0

細々したキャバクラであった話。2|キャバクラのやばい話

細々したキャバクラであった話。2|キャバクラのやばい話

キャバ嬢のための昼職転職サイト・昼ジョブ.com

昼ジョブ.comは元キャバ嬢に理解がある、積極採用している企業のみを紹介♡
事務系昼職・営業系昼職・美容系昼職・システムエンジニア系昼職など選び放題です!

昼職を知り尽くした昼ジョブエージェントが履歴書作成や面接練習も全力サポート。
ぜひ登録して簡単にキャバ嬢から昼職転職しちゃいましょう♡

キャバからの昼職転職なら昼ジョブ

こんにちは!今回もキャバクラであったお話を更新して行きたいと思います!

キャバクラで一瞬、男の子と働いた話

少し前、キャバクラで男の子と仕事したんです。
男の子と言っても、黒服ではありません。
キャストとして働いている、男の子がいたんです。

実はオネエの子で、普通の女の子と比べても
全然劣らないどころかめちゃくちゃ美人で、
体型も華奢でスタイル抜群でした。
言わなければ全然男の子に見えなくて。
結局2ヶ月くらい一緒に働きました。

もともとうちの社長が、
色々な”手術代”を稼ぎたかった彼に心を打たれて、
じゃあお客さんにバレたらおしまい、っていう条件で、
キャバクラで働いてみないかというのがきっかけでした。

私たち、キャストはそれを知らされてなくて、
みんな普通に女の子だと思って接してました。

ホールではブリブリイチャイチャ営業だったし、
待機や送りの車内でもコスメやファッション、恋愛話、
胸もあるようにうまーくカバーしてたので
私たちは全く気づかず。
でも更衣室では流石に「着替える時隠しすぎじゃない?」となって来て、
キャストにはだいたい1ヶ月くらいでバレてしまいました。

でも本人の中身が完璧に女の子だったことや、
すごく周りに好かれる性格だったため、
男と同じ部屋で着替えてたとかありえない!!!とか、
なんで男なのに採用したの?!と騒ぐキャストもいませんでした。
彼がいた間は、とっても平和で和やかな職場になっていました。

結局、2ヶ月目あたりにお客さんにも
「お前ほんとに女か?」
「その声酒焼けなの?」とボチボチバレ始め、
当初の約束通り、
2ヶ月とちょっとで彼はお店を去ってしまいました。

ビックリなのは、普通に人気があって、
そこそこ指名客が付いて売り上げもあげていたこと、
「実は男なの〜オネエってやつ〜!
騙された〜?ごめんね〜!」
とカミングアウトした後も、
「あの子明るくて好きだったのに〜!」
「俺変わらず指名するからやめさせないでよ!」
と懇願するお客さんが何名かいたこと!

やっぱりキャバクラといえども、
顔!おっぱい!やれるかやれないか!だけじゃないんだな、と。
なんだかキャバクラ捨てたもんじゃないな、と
お局ババアキャストの私は思いましたとさ。

彼が去った後、
あ、胸の盛り方だけでも聞けばよかったなと思いました。
それだけが心残りです。

彼が今、タイあたりで”手術”をして、
幸せな生活を送ってたらいいな。

キャバクラの客が私の地元周辺をうろつき出した話

私の周りはストーカーに悩まされてるキャストばっかりなので、
私もなんとなく注意をしていました。
お客さんに住んでいるところを聞かれても、
隣の駅、ちょっと離れた場所などを答えていました。

そんな中1人、新しく指名してくれた客さんがいつも通り、
「おうちはどこなの?一人暮らし?」と聞いて来ました。
「はい、一人暮らしです。大まかに言って○○公園のあたりですかね」

〇〇公園とは、そこそこ地名度のある広い公園です。
ガイドブックにも乗ってるかも?
まあ近からず遠からず、その辺りを適当に言ってみました。

その週末の夕方、店休日で家でまったりしていた私。
急にそのお客さんからラインが入ります。
「今〇〇公園まで遊びに来たよ。おうち出て来て会おうよ」
もちろんシカトですね。
その後もずっとそこにいたようで、着信やラインがガンガン入って来ます。
「何してるの?」「もしかして出かけてる?」「彼氏じゃないよね?」
「おーい」「もう帰っちゃうよ?いいの?」「おーい」・・・
もちろん全てシカトです。
結局11時ごろまでずっと鳴っていて、
5時間以上ずっと公園の周りをうろうろしていたよう。

私は安定したメンタルで次の日、
「昨日ごめんね♪実家に帰ってて・・・」と返信。するとすぐ着信。
しぶしぶ電話に出ると、泣いているお客さん。
「昨日、〇〇公園でずっと(私)ちゃんを待ってたらねえ
変な男の人に追いかけられちゃってすごく怖い思いをしたんだよお
調べたらあの公園ってホモの人たちがいっぱい集まる場所なのお?
なんでそんなとこに住んでんのお?」

私は知ってました。
ホモの発展場であったということ。
こんなにうまくいくとは思いませんでした。
そのお客さんの見た目に感謝ですけね。
ベビーフェイスの可愛いらしい方でした。

太ったゲイのおじさん方に
散々言い寄られて追い回されたようです。
相当怖い思いをしたのか、
あれ以来このようなことはなくなり、
しっかりお店に通ってくれる良客へと育成成功しました。
私たちのストーカーの怖さをお判りいただけたのでしょうか?

こんな偶然はなかなかありませんが、
皆さんもよろしければ使ってみてくださいね!(笑)
ただ放置するだけなので。(笑)

キャバクラで働いている皆さん!いつもお疲れ様です!!

キャバクラって変なお客さんもいれば、
変なキャストもいる。
変な経営者もいる。
常に事件が絶えないのが夜の世界。
私は5年間、比較的楽しいキャバクラ生活を過ごしましたが
皆さんはいかがでしょうか?

もし多大なストレスを感じていて、
もうキャバクラ、夜職やめたいなあ・・・と
考えているのなら、昼職に就職・転職してみませんか?

こちらでは、ナイトワークをしていた方専用の、
昼職の転職案内を行なっております!
ぜひこの機会に、昼職にチャレンジしてみてくださいね☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
キャバクラ嬢(夜職)から昼職転職の関連記事

キャバ(夜職)から昼職転職のおすすめサイト

キャバ嬢からの昼職転職の専門サイト☆昼Job.com

絶対に昼職転職したいなら昼Job.comにお任せ!

水商売から昼職へ転職!履歴書の経歴の書き方

キャバクラからの昼職転職で悩みがちな履歴書作成について掲載しています!

キャバ経験が強みになる失敗しない昼職転職方法

転職エージェントを使えばカンタンに昼職転職出来る♪そのサービス内容とは?

夜職から昼職への転職ってどんな職種がある?

キャバなどの夜職から昼職に転職したいけどどんな職種に就ける?職種ごとのメリットは?などを紹介しています。

元キャバ嬢が8000万円昼職・営業ウーマンに。

昼職転職(営業職)して8000万円もの売上を売上を叩き出した元キャバ嬢のお話。元キャバ嬢でも昼職で成功可能..!