2019年6月13日 0

キャバ嬢から昼職に転職☆人気な昼職職種ランキング

キャバ嬢から昼職に転職☆人気な昼職職種ランキング

キャバ嬢のための昼職転職サイト・昼ジョブ.com

昼ジョブ.comは元キャバ嬢に理解がある、積極採用している企業のみを紹介♡
事務系昼職・営業系昼職・美容系昼職・システムエンジニア系昼職など選び放題です!

昼職を知り尽くした昼ジョブエージェントが履歴書作成や面接練習も全力サポート。
ぜひ登録して簡単にキャバ嬢から昼職転職しちゃいましょう♡

キャバからの昼職転職なら昼ジョブ

こんにちは!突然ですがキャバ嬢から昼職に転職を考えたことはありますか?
キャバクラは大変なお仕事だけど、長く続けられるお仕事ではないんですよね…。
やはり年齢による制限が出てきてしまいます。
キャバクラ嬢を辞めたあとでも自分のお店を持ったり、水商売の仕事に関わって行きていく決意があるなら話は別ですが、キャバクラ業界の9割はある程度の年齢になったら他業種へと転職していきます。
女性なら結婚して家庭に入ることもあるでしょう。

昼職に転職する際も、会社側が人材を採用する際、その業界未経験の場合はやはり年齢が若い人材を重視します。
なので皆さんも早めに昼職への転職を考えてみて欲しいです☆

実際にキャバ嬢が転職した昼職の人気職種ランキング

キャバ嬢から昼職への転職

さて、キャバや風俗などのナイトワーカー専門の昼職転職サイト昼ジョブの、今までの職種別の転職率ランキングを見ていきましょう☆
おそらく意外な結果だと思います!どうぞ!

1位・営業系の昼職
1位・システムエンジニアの昼職
3位・事務系の昼職
4位・美容系昼職
5位・受付系の昼職

キャバ嬢人気1位の営業系昼職

システムエンジニアと並んで堂々の人気1位をゲットした営業系の昼職。
実はキャバクラなどのナイトワーカーとして働いている皆さんにはぴったりな昼職だと思うので、個人的には納得の結果でした!

ナイトワーク経験のある方であれば営業系の昼職も難なくこなせてしまうと思います!
営業系昼職で大事なことはコミュニケーション能力と営業力、あとは少しのストレス耐性。
営業系昼職が人気な理由は、夜職で培ったスキルを最大限発揮できること。そして営業成績によってインスンティブがつくので稼ぎやすいこと!☆
夜職でのスキルを無駄にせずどんどん活用してほしいです☆

昼ジョブで営業系昼職に転職した方の中には、昼職入社後すぐに営業成績を社内トップにしたツワモノも!

「もうキャバでノルマや成績を気にして病みながら働いてたから営業系の昼職は嫌!」という方ももちろんいらっしゃると思うのですが、昼職となると話は別物。
確かに目標をノルマを定めている会社もあると思いますが、夜職ほどの厳しいノルマはありません。

キャバ嬢人気同じく1位のシステムエンジニアの昼職

キャバ嬢から昼職への転職

そして営業職と並び、見事1位に輝いた昼職はシステムエンジニアの昼職。
あれ、なんかちょっと意外ではないでしょうか?

私ももともとキャバクラで働いていたことがあるんですが、当時は「システムエンジニアの昼職」なんて全く聞き馴染みのない職業だな〜と思っていました。

そんなシステムエンジニアの昼職が人気だった理由は、服装やメイク・ネイル・髪色の規定がゆるいこと、手に職がつけられるので将来的にも不安がないこと、更にリモートでも仕事ができることという意見が多かったです!☆

まずシステムエンジニアの昼職が見た目の規定がゆるい理由としては、言い方は悪いですがパソコン相手お仕事だから。
取引先やお客様に直接会う機会が少ないため、自分の好きな格好で働けるんです♪
会社にもよりますがミニスカートやスカルプネイル、ハイトーンの髪色でもOK!
昼職に転職しても自分のアイデンティティを大事にしながら働けるのは嬉しいですよね!

他にもシステムエンジニアはがっつり技術職になるので1度技術を取得してしまえば将来的にも安心ですし、独立することも可能です。
しかも最近ではリモート(会社に出社せず他の社員と連携を取りながら自宅で作業を行うこと)での勤務を許容している会社もあるので、ライフバランスの確立がしやすい点でもおすすめです!

最初は技術を取得をすることがまず第一の難関ですが、クリアさえしてしまえば自由度の高い昼職生活が待っています☆

キャバ嬢人気第3位の事務系の昼職

キャバ嬢から昼職への転職

そして第3位は事務系昼職。女の子の昼職といえば事務職のイメージがありましたが、確かに昼ジョブでも20%の方が夜職から事務の昼職に転職しています☆

事務の昼職を希望する方はやはりキャバや風俗で働いていて、ノルマや成績を追いながら働くのが嫌になってしまった方が多く、ゆったり働きたい・成果を求められたくないから事務職がいい!という意見が大半のようです。
確かに事務の昼職は直接会社の利益や売上に関係する仕事ではないので、ノルマなどは関係ありません。
ただその分評価がされずらい昼職でもあるので、大幅な昇進や昇給は望めないようです。

しかし残業の少なさや決められた仕事を日々繰り返していくような仕事内容なので、自分のプライベートを確保したい方にはおすすめです♪
昼ジョブには夜職との掛け持ちOKな昼職求人もあるので、どうしても夜職完璧に辞められるか不安…という方は事務の昼職で働いてみるのもいいかもしれませんね。

経験者が語る!昼職と水商売の掛け持ちできる?メリット&デメリット

キャバクラで働くメリット・デメリット! 昼職との両立は可能なの?

キャバ嬢人気第4位の美容の昼職

キャバ嬢から昼職への転職

こちらの女性に人気な美容系の昼職が第4位!
コスメ販売をする美容部員の昼職やエステティシャン・脱毛サロンのスタッフなどの昼職も人気があります♪
キャバや風俗などの人に見られる夜職で働いていた経験がある方は見た目にも気を使っているし、美意識も高い、美容系の基礎知識も多く持っていることから
こちらの美容系昼職も天職ではないかと思います♪

美容系昼職は自身にも美容の知識が付きますし、福利厚生で自社の脱毛マシーン使い放題!や系列のエステサロン○%オフなど、女性に嬉しい特典も多数あったりするので美容に興味関心のある方にはとってもおすすめな昼職です!

3年半続けたネイリストからキャバ嬢への華麗な転身! 昼職経験の活かし方教えます☆【りのさん / 立川】

キャバ嬢人気第5位の受付系の昼職

キャバ嬢から昼職への転職

そして第5位は受付系の昼職。
こちらも美容サロンやオフィスの受付を担当する昼職なのですが、サロンやオフィスの顔になることからコミュニケーション能力が大切になってきます♪
なので夜職経験のある方はぜひチャレンジしてみて欲しい昼職です☆

こちらの昼職も大体定時がきちんと定まっているので、プライベートの確保もバッチリ。
お客様とお話することが苦ではないなら、受付の昼職はおすすめです。

キャバ嬢から昼職に転職する方法とは?

キャバ嬢から昼職への転職

では実際にキャバ嬢から昼職に転職するにはどのような流れで行動すればいいのでしょうか?
自分で行きたい昼職や会社をみつけて直接応募するのが1番の近道だとは思いますが、どうしても「元キャバ嬢」ということで偏見を持たれてしまって書類審査でおとされてしまう…ということもあります。

また、「まだなんとなくしかやりたい昼職を見つけられてない」「1人で転職活動するのはちょっと不安…」という方もいらっしゃると思います。
そんなお悩みにとってもおすすめなのがナイトワーク専門の昼職転職サイトの昼ジョブです!!

昼ジョブでは昼職に精通しているキャリアコンサルタントが二人三脚であなたの昼職転職をサポート。
あなたにあった昼職求人のピックアップ、履歴書の作成や面接練習も全力でお手伝いしてくれます♪

なので昼職経験のない方や、キャバでの勤務しかしてこなかった方にはぜひおすすめしたいサービスです。
記事トップからサイトに登録できるので、キャバ嬢から昼職転職にお悩み中の方はぜひチェックしてみてくださいね!

【キャバ嬢からの昼職転職お役立ちサイト】

▼昼ジョブ以外の一般の昼職転職サイトを紹介しているサイトです♪
元キャバ嬢100人に聞いた昼職ランキング

▼キャバ嬢の昼職転職の履歴書はどう書くべき?
水商売(キャバ嬢)から昼職に転職|経歴の書き方やピッタリな職種を紹介!

▼キャバ嬢から昼職に転職した際の体験談
水商売から昼職に転職した私の半生

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
夜職辞める人向け

夜職辞めた昼職へ転職

水商売から昼職へ転職!履歴書の職歴欄はどう書けばいいの?

可 履歴書の中で職歴は重要な項目ではありますが、人事担当者や面接官は、そこだけを見ているわけではありま...

クラブホステス・水商売(キャバクラ嬢)から異業界(昼職)に転職・キ・・

お酒を飲む頻度も多く、夜遅くまで働き、昼夜逆転してしまいがちなため、年齢とともに体力も落ちてきて、このまま長くは続け ...

キャバ嬢から昼職は大変?実際の事例と準備すべき事、転職しやすい職業まとめ

キャバ嬢から昼職に転職して困った実際の事例を3つ紹介しています。また「昼職へ転職する為に準備すべき事3つ」と「キャバ嬢から転職しやすい職業」をまとめました

キャバ嬢から昼職に転職するコツ。水商売をやっていた事は隠すべき?

キャバ嬢を辞めて、昼の仕事…例えば事務職や販売員の仕事に転職する場合、普通の転職とは異なります。なぜなら、キャバ嬢などの水商売(夜の仕事)をしていた…という事がバレると...